難波の鉄板焼きで貸切OKのステーキハウスなら接待も大成功!

by ステーキハウス Fe 2016-11-03

難波の鉄板焼きで人気の神戸牛の美味しい理由とは?


難波 鉄板焼き

難波では、最近ステーキ、特に鉄板焼きが密かなブームになっています
何故、今鉄板焼きが難波で流行っているのかを徹底的に調査してみました。

まず、その前にステーキと言えば、難波にも沢山ステーキ店がありますが、特に人気なのはリーズナブルな価格でガッツリ食べられるお店が流行っています。
食事時などは、行列が出来る様なお店もあるほどです。

しかし、ステーキをお皿で出されるのは、鉄板焼きと大きく違う点でしょう。
難波に限らずですが、鉄板焼きというのは目の前でステーキを焼いてもらう事で、ダイナミックな調理と旨みが溢れ出す肉汁、といった見る楽しみがあります。
つまり、調理されるまで待つ時間が、鉄板焼きの場合は上記の様に待ち時間ですら楽しく待つ事が出来るのが特徴です

更に、こういったお得感を味わえるお店では、値段の割りに美味しいというステーキ肉しか味わう事が出来ません。
使用されている肉の多くは、輸入牛が多いのですが、輸入牛というのは日本人の好みにはあまり合っていません。
その理由は、輸入牛というのは赤身肉が多く、日本人が高級肉と位置づける多くの肉は、霜降り肉で、脂の甘みを味える肉だからです。

やはり、ステーキというのは手軽に食べられる事も良いですが、良いお肉を食べる事で舌を肥やす事で、味覚のレベルアップをする事で、何が本当に美味しいのか?という事が分かる様なグルメとなれます。

では、難波の鉄板焼きで食べるステーキにはどういった肉が合うのでしょうか?
肉の格付けが高い肉というのは、最近よく見るA5ランクというのがありますが、実は肉の美味しさとは全く関係ありませんので、無視しても良いでしょう。
そこで、ブランド牛を選ぶのが最も美味しくステーキを楽しむ事が出来ます

様々な高級ブランド牛がありますが、鉄板焼きでステーキを最も美味しく食べられるお肉ならば、神戸牛がオススメです。

難波の鉄板焼きに1人で行かれる事もあるかもしれませんが、多くは恋人や友人などと行かれる方が多いでしょう。

神戸牛というのは、他の和牛と比べてあっさりとして胃もたれしにくいと言われています。
融点が低く、人肌で溶けると言われる神戸牛は、日本だけでなく世界中でも美味しいと言われる和牛の代表とも言われています。

難波で初めて鉄板焼きに行くならば、神戸牛を使用している鉄板焼きがオススメです。


何故?難波のおしゃれな鉄板焼きよりも落ち着いた雰囲気が大事


難波 鉄板焼き

折角のステーキというご馳走を食べるなら、難波の鉄板焼きがオススメな理由を書いてきました。
そして、神戸牛を使用している鉄板焼きと言っても、難波には沢山お店があるのでお店選びに迷ってしまいます。

そこで、難波の鉄板焼きのお店の選び方をご紹介していきましょう。
1つ目は、神戸牛という肉に焦点を絞っています。

次のポイントはやはり、お店の雰囲気です。
お店のタイプも、やはり難波という事でそれぞれ鉄板焼きのスタイルもバラエティに富んでいます。
難波で、鉄板焼きというとお好み焼きの様にテーブル毎に鉄板を設置した鉄板焼きも多い様です。テーブルについても、和風のお座敷タイプがあったり、洋風のテーブルタイプもあります。
しかし、このテーブルタイプは、鉄板焼きを堪能するのには向いていません。
最初にお伝えした通り、シェフが焼くダイナミックな見せる調理を見る事が出来ないからです。
つまり、どんなにお肉が良いお肉でも、雰囲気はお手軽なステーキ店と変わりません。
やはり、鉄板焼きを難波で楽しむならば、目の前で焼いてくれるお店を選ぶのが1番です。
テーブル席ではなく、カウンター席をオススメします。


難波の鉄板焼きには飲み放題は不要!じっくり味わう事が大事です。


難波 鉄板焼き

神戸牛を使用する目の前で焼いてくれるカウンター席の鉄板焼きがオススメという事をお伝えしてきました。

そして、最後にはステーキに欠かせないお酒についてです。
難波の鉄板焼きもお店によっては、飲み放題がついている鉄板焼き店がいくつかあります。

ステーキに、高級肉を選んだから、お酒は飲み放題のお得なものを選びたくなるかもしれません。
しかし、難波の高級ステーキだからこそ、折角なのでお酒にもこだわってみたいものです。
ステーキに合うお酒は、皆さんもご存知の通り赤ワインがオススメです。

赤ワインは、濃厚な苦味が特徴的なワインです。
逆に白ワインはサッパリとした、淡白な苦味と酸味が特徴です。
ステーキ自体は、やはり濃厚な甘味とうま味が特徴です。

では、ワインは白、赤どちらが合うでしょうか?
ステーキは味が濃いからサッパリとした白ワインと思ってしまう方もいるでしょう。
しかし、人間の味覚とはそれ程単純ではありません。

選ぶ際に、味覚の強さというのも大事になります。
つまり、サッパリとした白ワインだと、白ワイン自体の味が、濃いステーキに負けてしまうのです。
そこで、濃厚な苦味をもった赤ワインが合うという事になります。
赤ワインの苦味とステーキのうま味と甘味の強さが同じ程度の為に、味のバランスがとてもいいのです。
この点に注意すれば、もちろん白ワインにもステーキに合うものも出てきます。
酸味が強く、口当たりにインパクトの強いカリフォルニア産のワイン等もステーキにあります。

この様に、ステーキに合うお酒は飲み放題などでガブガブと好きなお酒を飲むのではなく、料理に合ったワインやお酒を味わう事で、より美味しく味わう事が出来ます
ステーキというのは、この様にお酒においてもその知識と味わいを教えてくれます。

難波で鉄板焼きを探すならば、ワインの種類が多いお店というのも1つのポイントになるでしょう。


食べログだけでは分からない難波鉄板焼きの醍醐味とは!


難波 鉄板焼き

それでは、難波の鉄板焼きでお店を選ぶ時のポイントをおさらいしておきましょう。

○ステーキは目の前で焼かれるカウンターの鉄板焼きが1番!
○お肉はやっぱり神戸牛がベスト!
○お酒の種類が豊富。特にワインは必要不可欠!


この3つのポイントを押えるだけでも、難波でステーキを堪能する事が出来ます。

ここで、皆さんがお店探しをする際に良く利用する食べログについて、少し注意点を書いておきましょう。

食べログというのは、実際にお店に行った事のある人がコメントをしているので、参考にしている方も多いと思います。
しかし、食べログに頼ってしまうと、失敗する事もあります。

それは、食べログのメニューにあります。
実は、難波の鉄板焼きのお店も、食べログに多く掲載されています。
もちろん、看板メニューやメインのなるメニュー、ワイン等を掲載しています。
ところが、難波の鉄板焼きでもシェフのこだわりのメニューが掲載されていない場合があります
これこそが、最も知りたい情報ではあります。
確かに、食べログのコメントで、こういった情報が書かれている事もありますが、その日の食材の入荷状況は毎日変わりますし、食べログだけでは分からない情報も沢山ありますし、新たに入荷したワインだったり、とにかく変化はいつ起こるかわかりません。

食べログだけでは、分からない事も多くありますので、食べログはあくまでも参考の1つとしておく方がいいでしょう。

食べログとは違い、フェイスブック等のSNSはよくお店情報を出しているお店もあるので参考になるでしょう。特に難波の鉄板焼きのお店では、その日のオススメ料理や食材、ワインといった情報を毎日更新しているお店もあるので、チェックしておくと良いと思います。

難波で鉄板焼きを楽しむ際の情報源として、食べログやフェイスブックなども頼り過ぎずにそれぞれに得意とする情報をだけをしっかり掴んで、偏った情報や古い情報に惑わされない様にしなければいけません。


難波の鉄板焼き「ステーキハウスFe」なら、接待も成功間違いなし!


難波 鉄板焼き

難波の鉄板焼きを楽しむ事は、ちょっとした記念日などにも最適です。
ボーナスが入った時には、難波で神戸牛を取り扱う鉄板焼きを予約すれば、奥様や彼女と素敵なディナーを楽しむ事が出来るでしょう。

こういった鉄板焼きは、プライベートだけでなく仕事の接待等でも使う事が出来ます
安いステーキ店ばかりに行っていると、友人や同僚といった気軽に行けるお店として便利ですが、上司や会社の接待では、目上の方々と行く事になります。

上司や接待と難波の鉄板焼きに行くとなれば、仕事ではなくても自分をアピールする良い機会です。

しかし、初めて行くとなれば、ステーキを食べる際のマナーやワインの選び方などを知っているのと知らないとでは、大きく印象は変わってしまいます。
若いのに、よく知っていると印象づける事は、アピールする以上に自分の評価を上げる事になります。
また、自分が接待役となれば、更に好評価につながる事は間違いありません。

特に難波の鉄板焼きで、記念日だけでなく、こうした接待にもご利用頂けるのが、「ステーキハウスFe」です。
まだOPEN間もないのですが、ここまで紹介してきたポイントは全て押えた難波でも有数のステーキハウスと自負しております。

使用しているお肉は、神戸牛の他に山形牛があります。
山形牛も、舌にのせた瞬間にとろける柔らかさとまろやかさを味わえる高級牛です。

ワインも豊富に赤ワインを中心に焼酎や日本酒といったお酒もご用意しております。

更にお店は、カウンター13席という厳選された鉄板焼きスタイルで、落ち着いた雰囲気で料理を楽しんで頂く事が出来ます。
お店は、難波からすぐ近くの道頓堀のすぐ傍なので、接待で遠方から来ている場合などは軽く観光して頂く事も可能です。

箱庭を借景とした店内は、難波の街にあるとは思えない落ち着きと高級感を味わって頂けます。
ここまで、全ての条件を全て兼ね備えたお店は、難波にある鉄板焼きでもまずありません

シェフも40年以上鉄板焼き一筋という腕も確かなシェフが、料理長として全ての料理を手がけますので味についての保証は万全です。

ステーキハウスFeにお任せ頂ければ、難しい接待も成功する事間違いありません!

接待にも使える難波の鉄板焼き「ステーキハウスFe」はこちらから